送料の事と今一度伝えたい想い。その① | 焼き菓子屋 そぼくな。

2020/12/14 15:55

少しずつ
焼き菓子屋そぼくな。を再開して2週間くらい?になります。
今の所
ご注文下さるお客様の3分の2程は
リピーターさんがほとんどで。
(ありがとうございます!!)
初めてご購入して下さる方が全体の3分の1ほど。

有難いことに販売すれば売り切れる状況ではありますが
それでもBASEの商品が入荷したら通知が来るサービスにご登録してくださりながらも、
焼き菓子たちを迎え入れようか、?と
ご検討中の方も多いのだろうなぁ、と何となく感じたりもしています。

過去には何度かブログにもInstagramにも書いたことはあったのですが
今一度ちゃんと説明しておこうかな。と思い、久しぶりにキーボードをたたいています。

さて本題です。
先日、焼き菓子のカートを開けた時お客様からメッセージが届きました。↓



そうですよね。

スティックフィナンシェ1本でも648円と決して安いとは言えない菓子に送料をプラスしたら
2000円近くしたらびっくりしますよね。

だからと言って
送料を常温便等にして安くはしない
そぼくな。なりのポリシー
【そぼくな。の美味しいを届ける想い】があって、こんな送料になっていて。
送料で儲けようなんかはこれっぽちも思っていないのです。

その想い、そこに乗せた【美味しいをちゃんと】を届けよう。
そう思ったら
クール便(冷凍便)を使用した1000円を超える送料となりました。

今の時代は
送料無料!が当たり前、善!と思われている方も多いのかもしれませんが、
はたして本当にそれは誰かにとっての善?なのでしょうか?
善 な場合もあると思います。
けれど
そぼくな。にとっては
店にとっても、もちろんお客さんにとっても善だとは思っていません。
必要以上に高くするつもりもなく、安くするつもりもない。
送料も菓子も。

【必要な金額】や【必要な手間】、【必要な時間】っていうものが
【そぼくな。が考えるおいしい菓子】を届ける上で必要で。
で、その必要な金額を全て店で負担し、お客さんに【安い魅力】を提供することも
選び実践することもやろうと思えばできます。
けれど、【安い魅力】を第一優先すれば、
店は、そぼくな。は、
長くはもたないし品質、お一人お一人、にお届けする質や想いすぐに崩れ落ちる予想が安易につく。

【手軽】で【安い魅力】のある美味しいをそぼくな。は届けたいわけでは無いんです。

それが、職人気質だ、時代にあっていないと言われようが
その時代にあったやり方、販売の仕方はそぼくな。以外の店や人だって出来る。

だから、そぼくな。はそぼくな。だからこそ、そぼくな。しか出来ない
【美味しい想い、そのいろんな“必要”が合わさった一瞬に輝く美味しい。】を届けたい。
そんな根本があるからこその
あの送料や菓子の値段で。

そこを妥協したら
今までのそぼくな。も
応援してくれるお客さんもいなくなってしまう。

なので送料や菓子の値段を変えるつもりはありません。

と想いばっかり書いちゃったので

その想いと、それからその送料が一般から見たら安くない理由を具体的にまとめ
質問して頂いたお客様へお返ししたメッセージをここにシェアしておこうと思います。

そして、、、ブログはその2へ続く。
(文字数制限超えちゃったらしい!)